金融機関

キャッシングの在籍確認

キャッシングの申し込みを済ませた後は、随時適切な利用者であるかどうかの審査が行われます
審査を徹底する企業の中には利用者の職場に在籍確認を行う場合があり、在籍確認が心配でなかなかキャッシングを利用できないという声も聞かれます。
在籍確認とは、クレジットカードを申し込む時などと同じで契約者が申し込み書に記入した勤務先に、その人が在籍して勤めているかどうかをチェックすることです。

在籍確認を行わなければその人が虚偽の勤務先を記載している可能性もありますし、収入がゼロにもかかわらずキャッシングを利用することもできてしまいます。
金銭を扱うサービスは信頼が第一と言われます。
まずは本当に働いているかどうかを確認し収入があると見込んだうえで、初めてその利用者を信頼してお金を貸すことができるようになります。

しかし利用者にとっては、業者から連絡が来ると困るという場合もあります。
勤務先にキャッシングがばれてしまうと何かと都合が悪く、勤務やプライベートに支障が出るのではないかという心配もあります。
金融業者が勤務先に電話連絡を行う場合、企業名を名乗ることはほとんどないといわれます。

銀行やカード会社などはそのまま会社名を名乗る場合が多いようですが、消費者金融などは企業名を出さず、利用者と個人的な繋がりがあるということを告げるだけに留めているようです。
そこで、借り入れをした本人を呼び出して在籍確認を行います。
会社に番号を知られたくない場合は携帯電話などからかけて貰うこともできるようですから、在籍確認の前に一度担当者に要望を伝えてみると良いでしょう。

逆に、返済が滞り自宅に連絡を入れても一切連絡がつかない場合も、金融機関は勤務先に電話連絡を入れて在籍確認を行います。
その場合は企業名を出し、本人がいるかどうかを確認するケースもあります。
ただし法令で「契約内容は第三者に知らせてはならない」と定められていますので、消費者金融であっても勤め先に在籍確認の理由を告げることはありません。
また、納骨堂費用については、クレジット会社や生命保険会社と提携してローンを取り扱っている墓地もあるそうです。詳しくは、http://xn--cks419dgnf10qinq.com/seki.html

このページの先頭へ