金融機関

借入前に準備するべきこと

お金が足りなくなってしまった時の強い味方、キャッシング。
クレジットカードから利用することもできるので、生活費が足りなくなったり事情で現金が必要になった時などに利用したいサービスです。
「キャッシングをしたいけれど、何が必要なのか分からない」という方もいると思いますが、キャッシングにはどんな準備が必要なのでしょうか?

・身分証などの必要書類を揃える
運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書が必要になります。
クレジットカードや銀行口座の開設と同じで、その人をユーザー登録するために必要な書類になります。
身分証に書かれている住所が現住所と異なる場合は、現住所を証明できる書類が必要になりますので、公共料金の徴収票や領収書などを持参すると良いでしょう。
増枠を希望する場合は収入を証明できる源泉徴収票なども用意しておくと安心です。

・条件に合う金融機関を絞り込む
金利はキャッシングを受けるにあたって必ずかかってくるもので、金融機関によって異なります。
中には初回限定で金利手数料無料のキャンペーンを行っている所もありますから、条件に合いそうなら利息のない企業を利用してみると良いかもしれません。

・借りる額と返済計画を考える
基本的な部分ではありますが、いくら借りたいかによって金利も手数料も変わってきます。
どれだけの期間借りるかということも重要です。
金利手数料を簡単に計算してくれるツールなどもありますから、そうした便利なネットサービスなども利用して返済計画を立てていきます。

さらに借りたものは最終的には返さなければなりませんから、自分自身にお金を返しきるだけの能力があるのか、今一度考慮しておくことも大切です。
以前であれば店舗に直接足を運ばなければならなかったキャッシングも、最近ではインターネットから楽に申込み手続きを済ませて、即日で銀行口座に現金を振り込んでもらえるようになりました。
逆に、利便性が向上したからといって安易に借りすぎてしまわないよう、あらかじめ返済プランを考えておくなどして準備を進めていきましょう。

このページの先頭へ