金融機関

審査の基準

キャッシングを利用する際は、どんな場合でもまず審査を受けなければなりません。
審査とは、利用者にお金を貸しても安全かどうか、金融機関側が判断するための材料となるものです。
審査には一定の基準が設けられており、基準に満たない場合はキャッシングを断られることになっています。
キャッシングでは保証人を必要としないため、審査はきわめてシビアに行われます。

審査基準の一例として、
・氏名は適切であるか
・決まった住所があるか(住所不定でないか)
・確実に連絡の取れる電話番号を持っているか
・職業に就いているか
・記載に嘘偽りがないかどうか
・過去に金融機関への返済が滞った経験があるか
をチェックされると言われています。

キャッシュカードを申請する時もそうですが、http://www.drthyd.org/cs.htmlにも書いてあるように、住所氏名電話番号などは確実に見られますので、電話を持っていない方は携帯電話を契約するなどして準備しておくと良いでしょう。
また、審査の厳しい金融機関では年収がどれくらいあるか、家族構成、住居に居住している年数なども調べる場合があります。
借りたはいいが踏み倒して逃げる方も中にはいますから、そうしたリスクを避けるための手段のようです。
また、借入やクレジットカードの延滞でブラックリストに載ったことがある方も、5年程度は「事故情報」としてリストに名前が記載されているため、キャッシングの利用は難しくなります。

クレジットカードを延滞してブラックリストに載った心当たりのある方は、一度信用情報機関に連絡を行い、リストに名前があるかどうかをチェックしてみると確実です。
審査の緩いところを利用しようと思ったら消費者金融系の企業がもっともスムーズといわれますが、金利や返済期間などはきちんと確認し、無理のない範囲で借り入れを行うようにしましょう。
またオンライン上でお試し診断を利用することもできますので、自分が借りられるかどうか不安な場合はそのようなシステムを利用する方法もおすすめです。
こちらには人気の高いクレジットカードがいくつか紹介されています。
それぞれの特徴が載っていますので是非比較してみてください。

このページの先頭へ