金融機関

ローンとキャッシングの違い

クレジットカードにつけられているキャッシング機能は、言葉は知っていてもカードローンと区別がつかないという方もいることでしょう。
キャッシングと聞くと借金や消費者金融などが思い浮かび、ローンと聞くと車や家など大きな買い物のために組むものといったイメージがあります。
しかしながらカードローンとキャッシングの相違点は微妙であり、どちらもお金を借り入れることには変わりありませんから、違いをはっきりと説明できる人はあまりいないのではないでしょうか。

カードローンとは、キャッシュカードやクレジットカードで銀行口座を通じて繰り返し借り入れが可能な融資のことです。
一度に大きな額を借り入れ、毎月決められた日に少しずつ返済していく流れになります。
返済方法はリボルビング払いのシステムが取られています。

カードローンといえば銀行が一般的ですが、他にも信販会社や消費者金融でもカードローンを利用することができます。
ローンは一般的に「家族のためのもの」というイメージがあり、各金融機関もそれに合わせて多様なローン商品を提供しています。
有名どころでは海外へ旅行する際に利用するトラベルローン、矯正治療や審美治療などといった歯科治療のためのデンタルローン、あるいは挙式や新婚旅行のためのブライダルローンなどがあります。

融資の額は審査によって金融機関が定めた枠の中で行われ、返済方式はリボルビング方式が採用されています。
それに対してキャッシングとは、クレジットカードに付随する機能を利用し、ATMなどから現金を1万円程度の少額から借り入れられる融資のことを指します。
返済方法は一括とリボ払いの二種類が存在し、融資額はそれぞれの金融機関が定めた範囲内で行われます。

消費者金融などでは専用のキャッシングカードが作られ、ATMでカードを受け取ってそのまま使えるというサービスも提供されています。
また最近ではインターネットやスマートフォンから申込み、審査、借り入れができるインターネット(ウェブ)キャッシングサービスなども人気があります。



このページの先頭へ