金融機関

キャッシングの申込方法と流れ

キャッシングは万が一の事態に活用したい便利なサービスです。
銀行はもちろん、信販や消費者金融でもキャッシングを受けることができ、特に消費者金融は審査が早く気軽に借りられるということで人気があります。
申し込みから実際の融資までの流れとしては、基本的には申込書に必要事項を記入して金融機関に送付し、あとは審査を待つだけで完了します。

サービスセンターや店舗に電話をかけて説明を聞き、入会手続きを行うようにするとより確実です。
もしくは、一度資料を取り寄せてから自分でじっくりとキャッシングの方法を知ったうえで、専用の書類を送付して申し込みを行う方法もあります。
またインターネットからメールを送って申し込む方法もあります。

インターネットなら24時間365日いつでも申込み可能としているところが多いですから、急な出費に間に合わせる場合はネットを活用した方が良いでしょう。
住所・氏名・電話番号・職業・収入(年収)などといった個人情報が金融機関に登録された後は、金融機関が責任を持って利用者の審査を行います。
審査とはクレジットカードを申し込んだ時と同じで、その人に融資しても問題がないかどうかを確認するものです。

ブラックリストに登録されていないかどうかを確かめたり、それ以外に金銭面にまつわるトラブルがなかったかどうかを確かめられますが、特に問題がなければ審査を通過し、いよいよ金融機関と契約を結ぶ段階に入ります。
契約には書面でのやり取りや、店舗で行う方法、あるいはネット上で契約事項を確認し、同意するとそのまま融資を受けることができるようになります。
キャッシング専用のカードが渡される場合も多く、カードを持っていればいつでもATMや金融機関の店舗でキャッシングサービスが利用できるようになります。

借り入れできる額には限度があり、10万円から50万円未満までがもっとも一般的ですが条件によってはさらに高額な金額を借り入れすることもできます。
キャッシングについて不安な事があれば、随時サービスセンターや店舗で相談することもできます。
万が一借りているお金が返済できない場合でも、まずは所定の相談窓口で相談することをおすすめします。
また、こちらのクレジットカード比較http://www.billingcommunity.com/rakutencard.htmlの記事も大変参考になると思います


このページの先頭へ