金融機関

クレジットカードとキャッシング

銀行などの金融機関でよく見られる「キャッシング」サービスは、お金を借りて引き出し、所定の日にちに全額を返還するサービスのことです。
クレジットカードと何かの関係があるのかな?と思った方もいるかと思いますが、今回は両者の違いについて考えてみたいと思います。
クレジットカードは買い物をツケにして支払うサービスのことです。

それに対し、キャッシングはお金を借りるサービスです。
二つのサービスの異なる点は、現金が手元にない時に現金を引き出せるか否か。
クレジットカードは現金がなくても買物をすることができますが、キャッシングは現金ありきで買い物をしたり、生活費の足しにすることができます。

クレジットカードには多くの場合、クレジット機能とキャッシング機能の両方が付けられています。
キャッシングはそれぞれのカードに応じて利用可能な枠が設けられており、一度に借りられる金額が決まっています。
さらに金利についても、一般カードとゴールドカードではそれぞれ利率が異なる場合が多いため、万が一クレジットカードでキャッシングした場合どれだけ金額がかかるのか、一度計算してみると安心です。

キャッシングの支払いはふつう「一括払い」が基本であり、利用者は現金を一括で受け取ると決まっています。
しかし最近では一括払いのほかにもリボルビング払いが利用できるプランも登場しています。
リボ払いは、総額を月々いくらと決めて分けて支払いが行われる方法ですが、金利手数料は当然一括払いよりも高くつくので、よほど必要に迫られていない場合は一括払いを利用するようにしたいものです。

また買い物を主な目的としている場合は、キャッシングを利用しなくてもクレジットカードが一枚あれば十分です。
逆に、現金がなければ生活が維持できない場合はキャッシングを最終手段として利用しましょう。
どちらにしても利用にはリスクがあると知ったうえで、計画的に利用することが大切です。
また、意外と知らない方もいるのでは、クレジットカードとカードローンhttp://lilyfan.net/loan.htmlの記事も是非ご覧ください。

このページの先頭へ