金融機関

金融機関の種類


キャッシングを利用するときは、金融機関をどこに選ぶかによっても金利や返済期間が異なります。
そこで今回は、金融機関を種類別に分け、特徴を紹介してみたいと思います。

・銀行系
他の金融機関よりも安心感がある銀行系キャッシング。
それだけに審査は厳しめであり、年収や住居への居住年数など細かいところまでチェックする銀行もあるようです。
他の金融機関に比べて金利が低く抑えられ、なおかつ自分が普段利用している銀行でキャッシングが利用できるので、不安感も少なくお金が借りられます。
審査が厳しく、融資を受けるまでに時間がかかるのがデメリットですが、それをクリアしてしまえばATMやオンラインから気軽に利用できますし、専門の相談ダイヤルが用意されているなどサポート体制も整っています。
また逆に審査が通りやすいカード会社についてはhttp://www.redkillstudio.com/sinnsaga.htmlをご覧ください。

・信販系
信用販売会社系のキャッシングは、銀行系に比べると審査基準は低めであると言われています。
クレジットカードについているキャッシング機能などはこの信販系に該当します。
買い物をしたいのにお金がない時、あるいは現金が必要な時に借り入れができるので、クレジットカードを持っている方は一度キャッシング機能を調べてみると良いでしょう。
気軽に利用ができるところがメリットですが、金利が少々高めなのがデメリットと言えます。

・ネット系
インターネットを利用する方におすすめなのが、ネット系キャッシング。
申し込みから審査、実際の融資までをパソコンの上で全て行うため、店舗に出向く必要がなく、現金を借り入れるまでの手間がかからないことと、金利が低めに設定されていることが大きなメリットです。
逆にパソコンをあまり利用しない人にとってはネット系キャッシングが利用しづらいデメリットがあります。

・消費者金融系
キャッシングといえば消費者金融をまず思い浮かべる方も少なくないことでしょう。
審査が緩く、「即日融資」を可能にしている点では他の金融機関よりも優秀であるといえます。
ただし金利は高めで、滞納すればするほどリスクが大きくなるデメリットもあります。
また、クレジットカードの徹底比較http://www.richardnickelcommittee.org/hikaku.htmlも気になるところですね。

このページの先頭へ