金融機関

複数のキャッシング利用は可能?

すでに複数の企業からキャッシングをしている場合でも、さらに別の企業からキャッシングを受けることは可能です。
条件としては、総量規制に照らし合わせて借り入れした全ての金額がその人の年収の3分の1を超過していないかどうかがまず最初にみられます。
3分の1を超えてしまうと複数のキャッシングは難しくなりますので、合計額は常に頭に入れておきたいところです。

また、返済期限をきちんと守れているかどうかの履歴も確認されます。
一度でも延滞事故を起こしている場合、どれだけの金額をどれぐらいの期間遅らせたかどうかによって、キャッシングの可否が決まります。
遅延があれば即不可という訳ではありませんが、延滞を繰り返していたり、督促に長期間応じないなどの場合はまず不可になると考えられます。

複数のキャッシングを利用する方の中には「借り入れた額を返し切れないので別のところから借りて返済に充てる」というケースがみられます。
それを繰り返していくうちにキャッシング地獄に陥り、いつまでたっても借金が返せない悪循環に繋がってしまいますので、一つのところからお金を借りたら稼いで返すように心掛けたいところです。
二重、三重とキャッシングを重ねれば、自己破産などのリスクもついて回ります。

クレジットカードやローンなど何事についても言えることですが、お金は計画的に使うようにしたいものです。
もしも多重債務のただ中にある場合は、キャッシングを繰り返すのではなく「おまとめローン」を利用することをおすすめします。
おまとめローンとは銀行が多重債務を抱える人に低金利で融資を行うローン商品であり、複数のローンやクレジットをまとめて毎月の支払いを軽減する仕組みになっています。
おまとめローンを利用するのとしないのとでは借金を返済する効率もかなり違ってくると言われていますから、多重債務の悪循環から脱出するための第一歩として、大変おすすめのサービスです。

このページの先頭へ