金融機関

保証人は必要とされる?

部屋を借りる時や入院時に必要な「保証人」は、以前は消費者金融のキャッシング申し込み時にも必要とされていました。
まだキャッシングという言葉が浸透していなかった頃などは特に保証人の存在が必要不可欠とされていたようですが、時代が進み今では保証人を求められるケースはなくなりました。
保証人をたててしまうと、金銭トラブルや借り逃げの問題などが起き、お金を貸し出す金融機関にとっても少なからずリスクがありました。

そこで、キャッシング離れを防ぐため個人のキャッシング利用については保証人を求めず、事業者のみに限定するようになりました。
保証人をたてなくなったことで、金融機関にとっては逆に利用者本人が信頼できる人物かどうかをチェックしなければならなくなりました。
そのため、氏名・住所・電話番号のほかにも職業や年収、家族構成、キャッシング使用履歴などを入念に調べ、お金を確実に返して貰えるかどうかを判定しています。

特にチェックが厳しいといわれるのは銀行や信販会社で、利用者が住居に居住する年数や他社での借入件数なども調べ、返済能力を図っているといわれます。
利用者にとってはあまりにも審査が厳しいと借りられないのではないかと不安になりますが、収入の見込みや滞納歴がない(もしくは滞納期間が短い)場合は特に問題にされることはありません。
また、キャッシングには保証人のほかにも無担保で貸し付けが行われます。

保証人とあわせて無担保にすることで利用者にとってのハードルを下げ、少しでも使いやすくしていることが現代のキャッシングのアピールポイントでもあります。
楽に借りられるようにはなりましたが、借りた後はきちんと返すのが社会のルール。
借りたまま返済せず債務として手元に残るという結末はあってはならないことです。
キャッシングはそうした当たり前のルールを利用者側がわきまえているものとしてお金を貸してくれるサービスですから、現金の用意がどうしても出来ない時の手段として利用することをおすすめします。
また、クレジットカード自体本当に必要なのでしょうか。詳しくはhttp://www.budgetinncha.com/necessity.html

このページの先頭へ