金融機関

返済のための借り入れは危ない

キャッシングに多いトラブルの一つとしては、多重債務があります
多重債務は文字通り借金を重ねた状態のことを指しますが、多くの場合は返済のために借り入れを行ったことに始まり、それが滞ると次の借り入れを行い、また滞る…という悪循環に陥っています。
キャッシングを借金返済に充てようと考えている方は、まずそのような使い方はしないように考え直す必要があります。

毎月の返済額が足りないというのは、キャッシング利用者にとっては重大な問題です。
しかし、一つの返済に充てるだけのお金を他の方法で稼ごうとせず、安易に他者のキャッシングに頼ることは支払いが増えるばかりでとても危険です。
キャッシングを利用する以上は借りた分だけ金利もかかります

普通に稼いで普通に支払いを済ませれば悪循環からは簡単に離れられるのです。
中にはその月だけお金が足りなくて、どうしてもキャッシングに頼らなければならないという方もいるでしょう。
たった一度だけキャッシングを利用したとしても、支払いが遅れる癖がつくと二度目の利用でも遅延してしまう可能性があります。

キャッシングに限らず、クレジットカードやローンにも言えることですが、遅延は癖になりやすいですから、確実に返済日には全額返還するように心掛けましょう。
もしどうしても返済日に間に合わない場合は、他社から借り入れをする前にまずは借り入れをしている会社に連絡をして、全額返還が可能な日にちやスケジュールなどを説明し、遅延の理由などもあわせて説明するようにしましょう。
何も言わずに遅れるというのが一番危険であり、大きなリスクを伴います。

誰もが知っている有名なキャッチコピーに「ご利用は計画的に」という言葉があります。
その言葉通り、キャッシングやローンなど後から支払い請求がやってくるサービスは計画的に進めていかなければ、それなりの責任を負うことになります。
返済が滞ってしまったら、まずは安易に借り入れをすることは避け、出来る限りの方法を尽くすことをおすすめします。

このページの先頭へ