金融機関

学生のキャッシング利用

給料日までに生活費が間に合わない、旅行先でお金が足りなくなってしまった、急な出費で困っている…そんな時に便利なサービスがキャッシングです。
クレジットカードの機能の一つとしてつけられていることも多いですが、キャッシングは大人だけでなく学生さんでも利用することは可能なのでしょうか?
多くの金融機関では、キャッシングを利用できるのは20歳以上の収入がある人と定められています(18歳以上と定めているところもあります)。

ですので、基本的に20歳以上の成人でアルバイトや仕事などをしていれば、学生さんでもキャッシングを利用することは十分可能です。
クレジットカードなどにも言えることですが、未成年者は親の扶養の元にあるため、お金を自由に使うことができないという縛りはもちろん、お金を借り入れするということは利息や金利など一定の規則をきちんと守れることが前提となっているため20歳以上と定められています。

未成年者は多くの場合学生であり、支払い能力はほとんどありません。
したがって、経済的条件を鑑みて必然的に20歳以上と定められているのです。
ただし学生さんの場合、仕事より勉強を優先している筈ですから、あまりにも高額な借り入れをすると返済が滞ってしまう危険性があります。

20歳を超えたからといって安易にお金を借りるのではなく、事前に金融機関の担当者と話し合って返済計画を立てるなどしてから、キャッシングに臨むと安心です。
また、キャッシングには免許証や保険証、パスポートなどの身分証明書が必要になります。
融資可能枠としては10万円から50万円までが一般的ですが、事情によってそれ以上借りたい場合にはアルバイト先の給料明細書や源泉徴収票などの「収入が証明できる書類」を求められます。

高額なお金を借り入れするには、一定以上の収入があることが前提になっていますので注意が必要です。
学生さんでも月々の生活が大変で首が回らない、という方は少なからずいらっしゃるかと思います。
キャッシングは非常に魅力的なサービスで気軽に利用することもできますが、まずはしっかりと計画を立てたうえで利用することを心がけたいものです。

このページの先頭へ