金融機関

誰でも利用可能?

キャッシングは多くの場合満年齢が20歳以上65歳以下で、かつ安定収入がある方であれば誰でも利用することができます。
20歳でも学生さんであれば定期的にアルバイトをしていることが条件となりますので注意が必要です。
また、主婦の方でもパートやアルバイト、契約社員としてお仕事をしていれば問題なくキャッシングを利用できます。

まれに20歳以下で、18歳からキャッシング可能としている金融業者などもありますが、融資を行うにあたっては審査が行われ、収入が見込めるかどうかを判断されます。
親のお金に頼っているようではキャッシングを利用するにふさわしくないと判断されますので、未成年者が申し込む場合はアルバイト先の収入を証明する書類の提出を求められる可能性もあります。
キャッシングは基本的に成人の社会人が、現金が足りなくなった時のための代替手段として存在しているサービスです。

したがって、子供から大人まで誰でも借りられるというわけではありません。
また、65歳以上と年齢に上限が定められているのは、定年退職時に合わせて収入が見込めなくなる可能性を考慮しての制限です。
中には70歳までOKとしている金融機関もありますので、65歳以上の方はそちらを利用されると良いでしょう。

年齢に限らず審査に通りにくい条件としては、働いてはいるけれど収入が不安定である「季節労働者」や「個人事業主」「自営業者」「派遣社員」などが一例として挙げられます。
一度に多額の金銭を手にしていても、継続して収入に余裕がないと判断されてしまうと、キャッシングの利用は難しくなってしまいます。
先ほど例に挙げた職業の方は職業のほかに源泉徴収票の提出を求められたり、年収について聞かれる可能性もあります。
また、融資して貰える額も10万円から50万円までと制限されてしまうケースが多いので、融資額を増やす「増枠」を考えている場合は一度担当者と話し合われることをおすすめします。
またクレジットカードで購入できるパワーストーンについてはhttp://powerstone-effect.com/pseudo/をご覧ください。

このページの先頭へ