金融機関

暗証番号は厳重に管理

キャッシングに限らず、クレジットカードやキャッシュカードを利用したり、ネット銀行を利用する際に厳重な管理が必要になるものが暗証番号です。
暗証番号は4桁の数字を自分の好きなように組み合わせて使うものですが、キャッシングについても専用のカードを作成した際、暗証番号の設定を求められますので、クレジットカードなどとは別にして取り扱う必要があります。
キャッシング専用カードは主に消費者金融などで作ることができます。

契約時の利用可能金額の範囲内であれば、繰り返し利用できますので万が一のために作っておくと心強いカードです。
カードが一枚あれば全国の提携ATMでいつでもお金を引き出すことができますので、逆に言えばクレジットカードと同じ暗証番号にしていると簡単にお金を引き出されてしまう危険性もあります。
キャッシング専用カードに適用する暗証番号は、生年月日や電話番号など個人情報から割り出せる数字は望ましくありません。

個人情報は守られているようで実は住所や電話番号などは簡単に調べることができます。
もしも悪意のある第三者が自分の個人情報を簡単に入手したとすれば、キャッシング用のカードが盗まれた場合楽にお金を引き出されてしまいます。
また、クレジットカードなど他のカードに使っている数字も望ましくありません。

面倒だから全部同じ番号にしている方も少なくありませんが、いつどこでどのカードの番号が知られているかは分からないのが現状です。
少しでもリスクを避けるためには、全ての暗証番号を違うものに替えたり、定期的に番号を変更するなどの手段が有効です。
消費者金融のキャッシング専用カード以外には、クレジットカードにキャッシング機能がついている場合もあります。
こちらも同じく、暗証番号は誰もが分かる番号にはしないこと、家族の生年月日も使用しないようにする、「0000」などの連続した数字や「1234」などの段階的な数字は避けるなど、工夫が必要です。

このページの先頭へ