金融機関

キャッシングとは何か

キャッシングとは、金融機関が個人に対して行う融資のことで、個人にとっては現金を借りる手段の一つです。
「即日融資」と言って、即日から借入ができるので、月のやり繰りが難しくなった時の最終手段として活用されています。
最近では電話やインターネットを使ってインターネット口座に現金が振り込まれる方法も一般化しています。

キャッシングができる金融機関は、銀行・郵便局・クレジットカード会社・信販会社・あるいはオンライン専用会社・消費者金融などがあります。
借入に際しての安心度や金利などはそれぞれ異なりますが、どの金融機関にも共通して言えることは、キャッシングをしたら必ず返さなければならないということです。
借入期間が短く、かつ高金利である金融機関もありますので、「ご利用は計画的に」というキャッチコピーの通り、計画的に借入して返済する必要があります。

キャッシングは金融機関による本人確認ができ次第、利用者が一定の責任を負ったと信頼してお金を貸し出してくれます。
しかし、誰にでもすぐお金を出してくれるというわけではなく、事前審査によって貸すにふさわしいかどうかをチェックしています。
まずは返済能力があるか、金融機関で返済に関してトラブルを起こさなかったかどうかを見ますので、借入をして返済が滞った経験のある方は最悪の場合借りられないことも念頭に置いておきましょう。

ちなみに、クレジットカードにもキャッシング機能がついており、利用を申し込んであれば困ったときにお金を借りることができます。
ただしクレジットカードのキャッシングは金利が高く設定されているので、お手持ちのカードの規約を一度確認してみることをおすすめします。
キャッシングは自営業者や契約・派遣社員、アルバイトの方でも気軽に借りられるものですが、計画して使わなければそれだけリスクも大きくなります。
便利で心強い存在ではありますが、まずは返済プランを組み立てたうえで利用するようにしましょう。

このページの先頭へ